工場省エネやダクト清掃は整備の重要事項|インポータント整備術

to topScroll To Top

進む取り組み

工場

次世代のエネルギーを自分で生み出すことができるのであれば、それに取り組まないわけにはいきません。太陽光発電システムは普及も徐々に進んでおり、今では一定の効果をあげていることがわかります。

詳細を確認する...

時間の経過によって検討

経年劣化に伴う更新工事について

工場

工場など新しい建物に設置された各種設備類は時間の経過とともに徐々に劣化していきます。ある程度の期間を経た時点では省エネのために補修や交換が必要になります。 ビルやマンションなどの集合住宅の場合、給排水設備、給排水衛生設備、空調設備などの定期的な点検とメンテナンスが必要です。特に給排水関連の配管や機器類は、いったん故障したり、トラブルが起こると利用者側に大きな不自由を引き起こすことから、常に注意が必要です。 一般的に、給水設備や排水ポンプは5年ごとにオーバーホールが必要といわれています。また、10年から20年にかけて、給排水配管類の更新工事が必要だとも言われています。集合住宅の場合、共用部分の給排用配管の更新工事をどれくらいで実施するかは大きな問題です。

適切な判断でトラブルを回避

空調設備についても同様です。一般に空調関連機器類の寿命は10年前後といわれています。定期点検と補修を実施することで関連機器類の寿命をある程度延ばすことは可能ですが、それでも、経年劣化は進み、いずれ更新工事が必要になります。 空調設備の場合、国際条約により2020年以降フロンの生産が全廃になります。したがって、その前後に空調設備類の補修や交換を行う際、注意が必要です。 給排水管の場合、錆やバクテリアなどの影響で赤い水がでたり、配管の腐食による青い水が出ることもあります。また老朽化が原因で配管類の腐食や破損が発生し、深刻な被害が出ることも考えられます。 定期的な点検や補修を含め、適切な更新工事を施工できる専門業者と信頼関係を築いておくことが大切です。

排気をしっかりする

工場

室内環境は動線がしっかりしているということ以前に、空気が清浄であるということが重要になってきます。室内の空気を良くするためにはダクト清掃をすることが欠かせません。

詳細を確認する...

しつこい汚れも落とす

工場

何年も放置されてしまったダクトは素人ではその汚れを落とすことが不可能です。しかし、専門の清掃業者であればそんな難しいダクト清掃であっても安心して任せることが出来るのです。

詳細を確認する...